So-net無料ブログ作成

モンキー・de・ゴー・HP~初めてのタンクカバー塗装に挑戦!~
簡単にまとめてみました♪

[PR]ブログ書くだけで稼げるってホントでした。
ブログで「モンキー購入資金」を貯めよう!

初めてのタンクカバー塗装 ブログトップ
前の7件 | -

初めてのモンキータンクカバー塗装~まとめ [初めてのタンクカバー塗装]

めっきりどころかすっかり更新がとだえてしまいましたね。

えっとここのところ、例のホームページスペースにアップすべく、タンクカバー塗装のまとめをしていました。
んん~、すっかり当時を忘れてしまい、書き忘れがあるきがします。
思い出したら追加していきます、たぶん。

ホームページ作成もなかなかなれないと大変ですねぇ~。
何度か挑戦してここまでまとまったのは初めてかも(!)
ぜんっぜん飾りっ気無しですが・・・。

でも、ブログ記事のほうがリアルタイムなので臨場感がありますね☆
あわせてみてもらいたいです。

ブログでは載せなかった画像なんかも使ってまとめてます。まぁ画質はもちろんいつもの画質ですが(-_-;)
今日だいたい出来上がったのでお知らせに来ました。
なんか、いざお披露目となると恥ずかしいものですね。
初心者のがんばりを思い出したいときに(無い?)見てみてください。

モンキー・de・ゴー・HP~初めてのタンクカバー塗装に挑戦!~
※URLがひどいです。口頭じゃ伝えられなくて不便ですね。。。


[楽天市場] ⇒ 「モンキーボアアップ」一覧>

モンキータンクカバー塗装~完成! [初めてのタンクカバー塗装]

コンパウンドでみがき終わったが、‘磨き傷’に悩まされた昨日。

今日は昼休みにワックスをかけてみました。
んん~、まぁ~、それなりに消えはするけど、やっぱ研磨前のほうがツヤツヤだったかな・・・。なんかくやしいが。磨きが下手糞なんでしょうね。そう思うことにしよう。
けど、平らさでは圧倒的なんで‘製品っぽさ’だったら磨き後有利か。ツルツル感はこちらが上ですね。
それに、全体的につゆだくで塗れるとは限らないし、ムラができたらどの道みがかないといけないよね。
ってことで、やっぱクリア後は磨くべし!!

ワックスをかけたことでツヤに深みがでました。
ここで、一応区切りまして、一言。

できたーー!!!☆ミ(*^▽^*)ノ彡☆

で、早速つけてみました。
今回は、試着のときに学習したから、タンクと擦れて傷がつきやすい‘淵’の裏部分に100円ショップで買ったフエルト生地を貼り付けて滑りをよくしました。フエルト生地なんで傷もつかないし。キャップ周りにも貼ろうかと思ったが、洗車なんかで水にぬれたら乾きにくいだろうし、ガソリンがこぼれて染みこんだら危険かと思ってやめといた。

んで、スルリと入ってご満悦とおもったら
ここでもまたつまずいたよぉ~。
タンクを傷だらけにして試着したのにサイドカバーと干渉する(>_<)
詰めが甘かったんだが、ネジ締めたときに沈む分を頭に入れてなかった。。。
またもや、迷いもせずハサミ登場!!せっかく切り口にも塗装してなめらかにしといたのにぃ(/。\)ハサミでバリバリ切り込んだら、今回は塗装がしてあるため、塗料もバリバリと剥がれガジャガジャ淵になってしまった。もぅなんだっていいよ・・・

さて、完成度ガンチャレでもせっかく取り付けたのでお披露目しますか。
ジャン。
200809231514000.jpg

いやぁ~、いつになく画像が荒い、、、
こんなに荒いとは。
携帯のカメラあんまり使わないから設定めんどくさくていつもオートのままなんだよね・・・。きっちり選択したらもっとうまくとれんのかな。;^_^A
容量大きくなるのもやだからサイズ小さく撮ってるのもイケてない?

イマイチ違いがわからないって?
じゃ、衣替え前政宗。
ジャン。
200808201419000.jpg

えーと、ウィングマークが赤になったのと、ラインがイエローになりました。
まぁ派手になったというか。
チャラチャラしたかんじ?( ̄ー ̄)

 

せっかくなんで、もちょっとアップで。
200809231515000.jpg
こんなかんじに仕上がりました。

白は純正色の「クラシカルホワイト」デイトナ製品なんで。違和感はあまりないです。
ただ、これでも、タンク本体よりピッカピカ☆なため違和感ありです。うれしい悲鳴。
ウィングマークもフレームが赤なのでそんなにズレてはないとおもいます。イエローラインがうまく入ったのが一番の達成感。目測ですがけっこー均等に入りました。

こんな感じですが、仕上がりはともかく(-_-;)、装着したときの安心感が大きいですよ!なんの安心感かって?そりゃぁ、ちょっとぶつけたくらいなんちゃないっていう安心感ですよ(^_^;)
タンクだとカギがあたるのとか工具があたるのとかすごく気になったけど、タンクカバーになったおかげでカギで擦れようがスパナがあたろうがドンとこいって感じです。
まぁ、早速ですが、タンクキャップまわしたらグリッと傷がつきましたが「どーぞご勝手に」って感じです。

洗車とかして水が間に入ったらタンクが弱るかなぁ。フエルト貼ってるしなぁ。
まぁ、これから使っていってなにか不都合がでたらまた報告します。

そうそう!
今回はちゃんとリアショックのネジ締めましたよ!

 


[楽天市場] ⇒ 「モンキーボアアップ」一覧>

モンキータンクカバー塗装~クリア研磨 [初めてのタンクカバー塗装]

さてさて、ウレタンクリア塗装が中途半端に終わったまま、艶出しのために全体を水研ぎしました。

ここからが忍耐力との戦い。
コンパウンドかけです。
磨く前よりツヤがなくなったらショックですよ。。。頑張らねば。

昨日、研磨が終わってから以降、部屋でDVD見ながらずーーーーっとコンパウンドかけですよ。おかげで1枚3時間近いDVD3枚見終わりました・・・。どーなのよ。
液体コンパウンドセットをみると、一番荒いので「細目」だった。続いて極細、そして超極細。
うん、鏡面になりそうな予感。

地道にきちんとステップ踏んで3段階でかけましたよぉ~。
なんだけどさぁ~、なんかイマイチなんだよね~。
いや、ちゃんとツヤッツヤに均されたんだよ。鏡面といえば鏡面!反射もばっちり。なんだけどさぁ~。
小傷が・・・。
磨き傷ってかんじ。
なんだかなぁ~。磨き傷じゃ、磨いても磨いてもつくよねぇ。ちゃんとスッテプごとにスポンジ分けたんだけどなぁ。超極細をふわふわのネル生地布で磨けば磨き傷はつかないんだろうか。

とりあえず、次の作業ではワックスかけてみたいと思います。これで小傷が消え深みのあるツヤがでるかどうか。

ウレタンクリアをぬったまま磨かないのも手だとおもいますね。磨かないほうが‘ツヤの深み’があるきがします。まぁクリア層が厚い分そうでしょうね。ただ、凹凸のある鏡面ですね。うまくやればまっ平らに塗ることができるんだろうか。
磨くと、平らに均されてるので鋭く反射してくれます。鏡面です。ただ、今のところ磨き傷がネックです。これからワックスかけて深みのあるツヤが出るなら、塗ったままより断然見た目がよくなると思われます。手間かかってるし・・・

そんなことより!!!!
今日、注文したサービスマニュアルを受け取りに近所のバイク屋さんにいったんですよ。そしたら、イエローのモンキーが並んでた!!!!ほしかったやつ!政宗と色違いのやつね。ほんとはこの店に探してもらおうかと思ったんだけど、待てなくてネットで探して買っちゃったんだよね。妥協の赤を。まさかこんなに簡単に身近に現れるなんて。
この前行ったときはなかったし、まだ値札もついてないところを見ると入荷したてと思われる。
値段聞きたかったけど聞かなかったよ。聞いたら勢いで買ってしまいそうだから・・・。さすがに今は買えないもん。
流し目で見たら、マフラーとタイヤが交換してあった。たぶん他にもいじってるんだろうね。
ドノーマルがほしい自分に「いじってあるからダメ」と言い聞かせ撤退。

やばい、ほしい・・・

 


[楽天市場] ⇒ 「モンキーボアアップ」一覧>

モンキータンクカバー塗装~最終クリア磨き [初めてのタンクカバー塗装]

ウレタンクリアを中途半端に塗った翌日です。

一言。
すげぇツヤ!!!
しかも、なんか硬い!!!爪でたたくとコツコツって感じ。

ただし、栓口まわりだけ・・・(-。-;
予想通り、‘垂れる寸前つゆだく塗り’のところはツヤツヤに仕上がり、中途半端で終わったところはみかん肌ってやつ?になってしまった。なんかボコボコしてるんだよね。さらに、スッテカー周辺の垂直な面なんぞは少しずつ塗ってたところへ強制終了になってしまったもんだからツヤすらないザラザラ面になってた・・・。だせぇ~(@_@;)

つゆだくで塗れば、はっきりいって仕上げの磨きはいらないんじゃないかとおもう。
でも、このザラザラ仕上げはさすがに見逃すわけにはいかない。

というわけで、仕上げの研磨作業にはいります。目指せ鏡面仕上げ!
まず、母上に援助して買ってもらった液体コンパウンドセットの細目を取り出しゴシゴシ。
うん、まったく歯が立ちません!
ということで、ペーパーの出番。あまり荒いとせっかくのクリア塗装が(ただでさえ薄いのに)ハゲてしまうので、#1500で慎重に磨きます。全体にツヤなしになるくらいまでやっちゃいます。凹凸があると中途半端にポコポコとツヤ部分が残りますが、それがほぼなくなるまで。そして#2000でツヤ部分がなくなるまで全体にならします。
下の淵の部分もザラザラなんですが、あまり塗れなかったのでここで研磨してハゲてはもともこもないので今回はスルー・・・。

ここからが勝負!!
このマッド感を鏡面までもっていかなくては。しかも全面。
コンパウンド細目でちょっと磨いてみる。
おぉ、平らになるぅ~。
しかし。鏡面には遠い。シートの下に隠れるネジ穴の部分はなみなみと塗料がかかったらしくツヤッツヤなのでそのままにしたが、ここと比べると細めで磨いただけじゃ話にならない。やばい、磨く前よりツヤなしじゃ研磨の意味が無い。
やっぱ段階的に極細までやるしかないか~。
実は細目だけでもいけるんじゃね?なんて甘いことを考えてた;^_^A

というわけで、地味な作業に突入。あまりにも時間がかかりそうなので、今日はここまで。
部屋に持ち込んでテレビでも見ながら地道に磨きます。

どうなりますことやら。
磨く前よりツヤなしだけは避けたい・・・


[楽天市場] ⇒ 「モンキーボアアップ」一覧>

モンキータンクカバー塗装~ウレタンクリア [初めてのタンクカバー塗装]

さて、おまたせしました「初めてのタンクカバー塗装」最後の工程‘ウレタンクリア塗装’です。

いやぁ、ついに未更新の日がでましたね。帰宅が遅かったんでさぼっちゃいました。で、ネタもないしってことでついでに連休とりました♪

14日にアクリルクリア塗って乾燥していたわけですが、今日は20日。見事1週間です。
そんなわけで、ついに施行するときがきました。これを終えれば完成です。ウキウキですね。初めての作品ですから、ガチャガチャのガンチャレでも・・・

というわけで、匂いをかいでみたがさすがにもうシンナーの香りはしないので、表面を足付け研磨します。
足付けとかかっこいいこといってるけど、実際は‘ゴミ取り’のほうが正しいかも。ものすごい量のホコリがついてました。ここへきて思ったが初めて塗装で白はキツイ。ゴミや汚れへの対処が慣れないからあたふたしまくり。

一通り水研ぎ#1000したら洗剤で洗って乾燥。
ここは、ウレタンとアクリルで、質の違う塗料への足付けなのでしっかり研いでおくべきなのでしょうが、例によって表面をささったやっただけです・・・。

乾燥後、いざ!
学習能力を発揮し、ステッカー上には少しずつ。まぁ、いまさら丁寧にやってもすでにボコボコなんだけどね・・・、一応気分的に。
ウレタン塗料は保存が利かないので1度塗りです!!塗っては少し‘間’をおきまた塗ります。‘間’は5分ほど。一応、‘つゆだく’くらいに塗るのがいいみたいですが、初心者なので怖くてできません・・・。あの過ちは二度と繰り返したくない。

塗ってる途中で気づいたが、やけにホコリがくっつく!!繊維質な糸状の。外で塗ってるのにどこからやってくる???
とおもったら、首にタオルまいてるんだったぁ(゜Д゜;)!!
またもやおもいっきりがでて、自業自得で痛い目つきました。塗装はやめられないので乾燥させてとるわけにもいかず、ピンセットで取れるものは取り、取れないものは見なかったことに・・・。結局かなりの量残すことになりましたけどね・・・。やっぱ白はキツイわ。

全体的に一通り塗り、さぁつゆだくツヤツヤに!とおもっや矢先。
なんか塗装面にプツプツが。泡だった???
いや、これは!!!
だぁーーーー!!!(@o@;)
こんなときに!塗りたてほやほやの塗装面に雨がかかってしまった。
もぅ終盤はなにやってもふんだりけったりですな。まぁ、ここまでなってしまったらあきらめの境地ですが。

そんなわけで、中途半端な状態で終了。ウレタンは強力なんで室内での塗装は禁物。
結局つゆだくはタンクの栓口周辺だけしかできなかった。ここはガソリンがかかるから厚塗りしようと思ってたからね、ほかよりも多めにかかってた。コレだけが幸いかな。
他はやばいよぉ~。俗に言うみかん肌ってやつなのかなぁ~。このまま乾いてもボコボコだとおもうんだけど・・・。雨のブツブツもあるしさ。

明日のお楽しみですか。


[楽天市場] ⇒ 「モンキーボアアップ」一覧>

モンキータンクカバー塗装~垂れ修正不能 [初めてのタンクカバー塗装]

クリアをダルンダルンに垂らして一晩がたちました。
乾いてもやっぱりのれんのように垂れてました。
クリアって液状では白いんだね。乾いたらちゃんと透明になってた。下地が溶けたかと思ったよ。考えればノリとかボンドとかもそうだよね。

そんなわけで、気合でこの‘のれん’をどうにかせねば。
しかし見れば見るほど無理無理感が沸いてくる。だって、垂れてるクリアの内部の下地がシワよってるもん・・・。重力にそって垂れるクリアに引きつられて本塗りのホワイトまで垂れてしまってるようです。これはスゴイ!ここへきておもいっきり失敗した、最後の最後で。

さらによくみると、もちろんなんだが、本塗りのホワイトは下にズレ落ちたわけで、ステッカーの底辺あたりから塗装が下にズレ落ちて下地(プラサフ地)がみえてしまってる。もぅどんだけクリアを吹き付けたんだか・・・。
これはもうどうしようもなく完全にお手上げ状態。

のれんを研磨してみたが、予想どうり本塗りホワイトまで削れて下地ホワイトがうっすら見えてきてしまった。‘タレ’はとりきれてないがこれ以上研磨することもできず、これまたお手上げ。
ある程度は均せたのでクリアを重ね塗りすればごまかせるとおもうが、ホワイトのズレ落ちシワだけはどうにもならない。これから塗るのはクリアしか残ってないので隠すこともできない。

唯一の対策として思いついたのが、やっぱステッカー・・・
クリアも吹き付けて乾燥してから、一番トップになにか貼り付けるしかない。
しかしまぁ、もうホンダのウィングマーク入ってるしHONDAも入ってるし、その下の何貼ろうか。まぁ、クリアが乾燥するまではまだまだ時間があるのでゆっくり考えよう。

とりあえず、今日もう一度アクリルクリアを吹きつけたんですが、クリアってやっぱやわらかいのかな。すぐにヒタヒタになる気がする。
で、コレが乾いてシンナーのかほりがしなくなるまで熟成。その後ウレタンクリアに入ります。
一応、一週間くらい寝かせるかと思ってます。まぁやりすぎでしょうけど。ホコリかぶっちゃうかな・・・


[楽天市場] ⇒ 「モンキーボアアップ」一覧>

モンキータンクカバー塗装~クリアで大失敗 [初めてのタンクカバー塗装]

今日は休日なんでこんな時間から更新です。

母上と週末の買出しに行って来たのですが、コレ幸いにと液体コンパウンドとバイクカバー買ってもらいました♪これで蜘蛛のウンチともおさらば!できるかな・・・、かなり手ごわいからな。

さて、本日の作業はステッカー貼りです。

昨日部分塗装したイエローラインはどうにか完成。広告マスキングをビリッとはがしたら、

ヤーーーーーーーーー\(◎o◎)/!
広告のインクがところどころに・・・。
こうなると思って新聞は避けて、ツルツルの紙の広告を使ったつもりだったが甘かった。使うなら裏面真っ白のやつだな・・・

汚れは研磨して落とし、いざ何用だかわからない純正ステッカーをはりつけました。
台所洗剤の薄めた水をなみなみとかけて貼り付け、キッチンペーパーで押し付けながら水を吸い取る。
純正と見比べようかどうか迷ったがいいかと思っててきとーに貼り付けた。
後で気づいた、というか確認したら、タンクってちょっと後傾になるから、前かがみ気味にしないと取り付けたときに斜めに見えちゃうんだね・・・。もぅ時すでに遅し。やっぱ手抜きはいかんね。
でもけっこーイイカンジ♪はやくテカテカがみたい☆

そして、つい先ほど。
ついにやってまいりました、一番の緊張工程。ステッカーにクリアを吹き付けるところです。

なんか、今日の自分は‘なるようになれ’状態みたい。
ステッカーに空気が入ってようが曲ってようが無視!

そんな状態だから、ついにやりましたよ。
思いっきり垂れた・・・(T_T)
だんだん感覚つかんできて調子に乗ってたもんで、なみなみと吹き付けてしまった。当初の予定は、ちょこっと吹き付けてステッカーの様子をみる予定だったのに。今日の状態は作業には危険な心意気だったようです。‘めんどくせぇ、やっちまえ!’状態。
そして、なみなみと吹き付けられたクリア塗料は、ツルツルのステッカーに留まるには多すぎたらしくダルンダルンに垂れ下がってしまった。ステッカーの上にダラーンと、下までもダラーーーーーーンと。しかもなぜか‘白い’!下地が溶けてる???
かなりの量垂れてしまった。
平らになるまで研磨したら絶対周りが削れ過ぎて下地がでるよなぁ~
これどうやって補修すんだぁ~ヾ(>y<;)ノ

一度アクリルクリア塗ってからウレタンクリアを重ねるつもりだったので、アクリルクリアぬってから1週間ほど乾燥させる予定だったんだけど・・・、アクリルクリアすら受け付けられない状態だったってこと?

ヤバイ。
くじけそうだ・・・


[楽天市場] ⇒ 「モンキーボアアップ」一覧>

前の7件 | - 初めてのタンクカバー塗装 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。